子供の成績アップのために家庭教師を利用しよう【選び方を解説】

長期休暇の勉強のやり方

先生と生徒

弱点の克服とやる気を保つ

少子化によって受験の在り方が変わってきています。難関大学とそうでない大学の格差が広がっており、子どもの将来を考えて難関大学へ合格できるように早くから学習塾へ通わせる親が増えているのです。そのためには中高一貫校を目指す子どもが多く、小学生から学習塾へ通います。このような学習塾では夏休みや冬休みの期間にゼミ合宿を行っています。これから学習塾に通わせる場合、ゼミ合宿のある所を選んだ方が受験には有利になります。ゼミ合宿というのは長期休暇を利用して学習塾の生徒全員で合宿を行うのです。多くの場合は学習塾が提携している施設に数日間団体行動をします。それらの施設は自然豊かな場所にあるので、健康的な環境で受験勉強に集中することができます。学習塾によっては自社でゼミ合宿用の施設を持っている所もあります。ゼミ合宿の良い点は、受験という同じ目的を持った子供たちが集団行動することです。長期休暇を自宅で過ごすと勉強に身が入らないことがあります。しかしゼミ合宿に参加することによって、同じ目的を持った仲間と切磋琢磨し、受験へのモチベーションを上げることができるのです。難関大学へ合格するためには夏休みの利用の仕方がポイントになると言われます。この時期にどのような勉強をするかによって、学力に差が付いてしまうのです。ゼミ合宿に参加すれば、講師に色々な質問ができます。それによって自分の弱点を補強できるのです。短期集中で勉強できるのがゼミ合宿の特徴です。